CUEオンライン

グルメ、音楽、お出かけ情報など旬の広島ネタが満載

CONTACT
エンタメ

アーティスト 吉田山田/キラリ人

アーティスト 吉田山田

今までの人生 「欲望」に込める
 男性2人組アーティスト吉田山田がアルバム「欲望」を10月に発売した。「30代半ばになった自分たちの人生を包み隠さずに歌った。聴いてくれる人も自分の人生を振り返るきっかけになればうれしい」と呼び掛ける。
 新譜は全11曲入り。1曲目の「欲望」では、思い描いていた未来とは違う現実の中で、高みを目指して歩き続ける姿を歌う。「もやし」という曲は、人生に悩んでいる人にお薦めしたい作品。歌詞では「もう やだ しにたい」と「もう やばい しあわせ」の頭文字はどちらも「もやし」と歌い、くすりと笑わせる。リコーダーの柔らかい音色とともに「人間は何度でも繰り返す。君だけのもやし 大事にするんだよ」と優しくメッセージを届ける。
 東京にある高校で出会い、意気投合。数々の音楽活動を経て2009年にデビューした。13年発売の「日々」が「NHKみんなのうた」で〝泣ける歌〟としてヒット。16年にはライブで全国を巡った。
 広島には行きつけの鉄板焼き店があり「メニューにない卵かけご飯を注文するほど(店に)甘えている」と笑う。来年はデビュー10周年。「今まで経験したことのない大きなステージを目標に、魂を込めて歌い続けたい」と語った。


キラリと輝く三つのマイルール
★1 部屋を片付ける
★2 ステージでは帽子をかぶる
★3 諦めずに続ける

1109広9面インタビュー3.jpg
よしだやまだ ボーカルとギターの吉田結威㊧とボーカルの山田義孝の2人組アーティスト。デビュー曲は「ガムシャランナー」