CUEオンライン

グルメ、音楽、お出かけ情報など旬の広島ネタが満載

CONTACT
エンタメ

映画「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」片渕監督インタビュー/ぷらっとHIROSHIMA

エンタメwide

【話題の人 Interview】

映画「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」
監督 片渕 須直さん
01.jpg かたぶち・すなお 1960年大阪府枚方市生まれ。日大芸術学部映画学科在学中から宮崎駿監督作品に脚本家として参加。TVシリーズ「名犬ラッシー」(96年)で監督デビュー。2016年公開の映画「この世界の片隅に」で第90回キネマ旬報ベストテン日本映画監督賞などを受賞。

すずの内面掘り下げる
 戦中戦後の呉と広島で生きる庶民を丹念に描き、大ヒットしたアニメ映画「この世界の片隅に」に、250を超える新たなカットが追加された「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」が20日、全国公開される。「単なる長尺版とは異なる新作映画」と強調する片渕須直監督に、本作の見どころを聞いた。
 新たに加わったのは主に、主人公すずと遊郭で働く女性リンとのエピソード。2人は生活環境や立場を超えて触れ合い、心を通わせる。得意な絵を描いてリンを喜ばせるすずの姿は、心和むシーンだ。「広島から呉に嫁ぎ、自分の居場所に確信が持てないすずさんに『ここにいていいよ』と認めてくれる存在として、リンさんを描きました」と片渕監督。やがてすずはリンと夫の過去に気付き、心の奥底に女性として複雑な思いを宿すようになる。そんな悩みや嫉妬を抱くすずら市井の人の頭上に、空襲の爆弾は降り注ぐ―。
 2016年に公開された前作は、戦況が悪化する中でもささやかな楽しみを見つけながら生活するすずの姿に共感が集まった。観客動員数210万人を超え、連続上映の記録は公開から千日以上を経てなお更新している。大ヒットを喜ぶ一方で、片渕監督には、原作にまだ残るエピソードを使ってすずの別の側面を表したい、との思いが残った。「もうひとつの人間ドラマを届けたい」と17年秋には製作を発表。今年7~10月、すずを演じるのんら主要キャストの声が新たに収録された。
 「個人としてのすずさんの心の中をのぞき見る作品になったのが、16年版とは違うところ。同じシーンやせりふであっても、違うニュアンスに伝わると思う」と片渕監督。一人の女性であるすずの内面を掘り下げて描いているからこそ、日常をいとも簡単に踏みにじる戦争の理不尽さがさらに際立つ。それが、「新作」と位置付けるゆえんだ。「実験的な試みの作品でもある。見比べてもらい、それぞれの良さを実感してほしい」

映画「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」あらすじ
02.jpg遊郭の女性 リンと交流
 1944年、呉市に嫁いだすず(のん)は、夫・周作(細谷佳正)とその家族に囲まれて新たな生活を始めます。戦況が悪化し生活は困難を極めますが、工夫を重ね日々を暮らしていくすず。ある日、遊郭で働くリン(岩井七世)という女性と出会い、次第に心を通わせていきます。しかし、ふとしたことをきっかけに夫とリンのつながりを知り...。

■日本 約2時間50分 配給/東京テアトル 監督・脚本/片渕須直 原作/こうの史代 声の出演/のん 上映館/八丁座、福山駅前シネマモード、呉ポポロ、T・ジョイ東広島、広島バルト11 20日公開

公開中
高津川
03.jpg清流と生きる人々描く
 島根県を流れるダムがない1級河川、高津川を舞台に、錦織良成監督がオリジナル脚本で製作。清流を守り、そこで暮らす人々の日常の営みを美しい映像で描きます。学(甲本雅裕)や同級生の陽子(戸田菜穂)らは、母校の小学校が閉校になるという知らせを受け、全国にいる卒業生を集めて最後の運動会を盛大に開こうと計画。当日を迎え、学たちが見つけたものとは。

■日本 1時間53分 配給/ギグリーボックス 監督/錦織良成 出演/甲本雅裕、戸田菜穂 上映館/八丁座

公開中
ジュマンジ/ネクスト・レベル
04.jpgゲーム世界の冒険再び
 前作「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」の2年後を描いた物語。
 スペンサー(アレックス・ウルフ)は、破壊したはずのゲーム「ジュマンジ」をこっそり修理。再びゲームの中に吸い込まれてしまいます。ベサニー(マディソン・アイゼマン)たちも後を追いますが、壊れたゲームの世界はバグだらけで難易度アップ。新たに砂漠や氷山などのステージが追加されますが...。

■アメリカ 2時間3分(予定) 配給/ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 監督/ジェイク・カスダン 出演/ドウェイン・ジョンソン、ジャック・ブラック、ケヴィン・ハート、カレン・ギラン 上映館/TOHOシネマズ緑井、イオンシネマ広島、イオンシネマ広島西風新都、109シネマズ広島、広島バルト11、T・ジョイ東広島、福山エーガル8シネマズ、福山コロナシネマワールド

12/27公開
男はつらいよ お帰り 寅さん
05.jpg楽しい日々よみがえる
 国民的映画「男はつらいよ」のシリーズ50作目。新しく撮影された登場人物たちの「今」を描く映像と、4Kデジタル修復でよみがえる寅さんの映像が見事に融合します。
 小説家の満男(吉岡秀隆)は妻の七回忌の法要で実家を訪れます。昔話に花を咲かす中、いつも自分の味方でいてくれた伯父・寅次郎(渥美清)との騒々しくも楽しかった日々が思い出されます。

■日本 1時間55分 配給/松竹 監督・原作/山田洋次 脚本/山田洋次、朝原雄三 出演/渥美清、倍賞千恵子、吉岡秀隆、後藤久美子 上映館/109シネマズ広島、八丁座、イオンシネマ広島、イオンシネマ広島西風新都、TOHOシネマズ緑井、広島バルト11、T・ジョイ東広島、福山コロナシネマワールド、福山エーガル8シネマズ

12/27公開
家族を想うとき
06.jpg多忙な両親 寂しがる子
 2016年カンヌ国際映画祭でパルムドールに輝いた「わたしは、ダニエル・ブレイク」のケン・ローチ監督の最新作。
 父のリッキー(クリス・ヒッチェン)はマイホームを買うため独立し、母のアビー(デビー・ハニーウッド)も懸命に働きます。でも家族で一緒に過ごす時間が減り、子どもたちは寂しい思いを募らせていきます。

■イギリス・フランス・ベルギー 1時間40分 配給/ロングライド 監督/ケン・ローチ 出演/クリス・ヒッチェン、デビー・ハニーウッド 上映館/サロンシネマ

※上映館は変更になる場合があります

おすすめArt&Live
12/22まで はつかいち美術ギャラリー(廿日市市)
西本喜美子写真展
07.jpg91歳 ユニークな自撮り
 現在91歳ながらユーモアあふれる写真で人気を集める西本喜美子さんの作品展です。デジタルアートや笑いを誘う自虐的なセルフポートレートなど約100点を展示します。想像力豊かな写真から、楽しく生きるヒントを感じられます。
観覧料/一般600円、65歳以上300円 休館日/月曜 開館時間/10:00〜18:00(入館は17:30まで) 問い合わせ/0829-20-0222

12/22まで 筆の里工房(広島県熊野町)
勝負師のことば 勝利の筆跡展「ひふみの言葉」より
08.jpg人生観や教訓 書で表現
 「ひふみん」の愛称で親しまれている棋士・加藤一二三さんの初個展です。1954年に14歳で棋士になり2017年に引退。約60年の真剣勝負の世界で培った人生観や教訓などを書で表現。人柄を収めた写真も紹介します。「絵てがみ優秀作品展(一般の部)」も同時開催中。
入館料/大人600円、小中高生250円 開館時間/10:00〜17:00(入館は16:30まで) 休館日/月曜(祝日の場合は翌日) 問い合わせ/082-855-3010

12/19〜25 エディオン蔦屋家電2階イベントルーム(広島市南区)
大村洋二朗展〜紙なる生物たち〜
09.jpgトカゲや魚 カラフルに
 広島県在住のペーパークラフトアーティスト大村洋二朗さんの作品を展示販売します。コンピューターで設計図を描いたトカゲや魚、トンボなどのカラフルな作品20点がずらり。作者が在廊している時間は制作風景も見られます。
入場料/無料 開館時間/10:00〜21:00(25日は18:00まで) 休館日/なし 問い合わせ/082-264-6511

12/25 広島クラブクアトロ(広島市中区)
二階堂和美meets渋谷毅オーケストラ2019
10.jpgジャズバンドとコラボ
 高い歌唱力と変幻自在な表現力で国内外に幅広いファンを持つ、広島県在住のシンガー・ソングライター二階堂和美のデビュー20周年を記念したライブ。ゲストに日本ジャズ界の重鎮「渋谷毅オーケストラ」を迎え、クリスマスの夜を盛り上げます。
販売中 料金/前売り4500円、当日5000円 開演/19:00 問い合わせ/082-542-2280