CUEオンライン

グルメ、音楽、お出かけ情報など旬の広島ネタが満載

CONTACT
PR おいしい

ピエトロの新商品「おうちパスタ」/イラストコラム

ピエトロ1.jpg
ドレッシング製造やパスタレストランを展開する「ピエトロ」のボトル入りパスタソース「おうちパスタ」(180ミリリットル388円)がマイブーム。手軽に自宅でレストランの味が再現できるスペシャルな調味料です。出合いはスーパーマーケット。オシャレな見た目に引かれました。
基本の使い方は、フライパンで炒めた具材にゆでたパスタを入れ、ジュッとあえるだけ。香ばしい香りがフワッと広がり、風味抜群の一皿があっという間に完成します。パスタ以外にもアレンジ可能。私は調味料の一つとして、こんにゃく麺やゆでた野菜にあえたり、野菜のオーブン焼きに使ったりして楽しんでいます。


【うれしいポイント】
・ パスタソースとしてだと、1皿当たり約60円の計算。ほかの料理にも幅広くアレンジ可能
・ ソースの味づくりはレストランシェフが試行錯誤して完成
・ 昆布茶やかつおだしを使用し、うま味抜群
・ 商品はほぼ手作り。工場スタッフの愛情が詰まっています
スーパーに並んでいる商品が、手作りだなんて驚き!

ピエトロ6.jpg



ピエトロ2.jpg
(1)ごま醤油ガーリック
昆布とカツオのだしが効いた1番人気のソース。風味の異なる2種のごまもポイント。これ1本で、何でもおいしく仕上がります。
【シェフ一押しの使い方】豚肉と炒めてパスタとあえたり、ご飯に載せて丼にしたりしてみて。半熟卵のトッピングもお薦め。

ピエトロ3.jpg



(2)ジェノベーゼ
バジルやローストした松の実、パセリなどをブレンドした本格的なソース。隠し味にアンチョビやチーズも使用。深みがあります。
冷やした「糖質O麺」に野菜と一緒にあえて食べるのがお気に入り。
【シェフ一押しの使い方】シンプルな冷製パスタ。ゆでたソバの実にトッピング。

ピエトロ4.jpg



(3)ナポリタン
トマトソースに、チーズやチャツネを加えてコトコト煮込んだソース。まろやかな味で子どもにも人気。
フライパンで炒めると、ジューシーさが増します。
【シェフ一押しの使い方】野菜たっぷりのチチキンライスに。卵で巻いてオムライス風にするとよりGOOD。
(4)たらこマヨネーズ...たらこを香ばしく焼いて粒感を立たせ、マヨネーズとブレンド。
(5)ペペロンチーノ...レストランでも定番人気のガーリックオイルのソース。

ピエトロ5.jpg


〈教えてくれた人〉
R&G室(商品開発担当) 中野正浩さん(40)

18歳からピエトロのレストランでシェフとして働き、メニュー開発にも携わる。妥協のない姿勢が評価され、2016年から商品開発の担当となり、「おうちパスタ」に携わる。レストランの現場で培った知識を生かした新商品づくりに日々まい進。朝、昼は試作品を食べ、夜は新たなアイデアを練るために外食するなど、研究熱心。



【ピエトロとは】
ドレッシングのイメージが強いが、福岡市に前社長村田邦彦さんが創業した「洋麺屋ピエトロ」がはじまりのブランド。九州のしょうゆと国産のタマネギがベースのドレッシングが人気となり、販売地域を拡大。85年に株式会社ピエトロを設立。レストランは現在全国に約40店。

ピエトロ10.jpg

DATA
ピエトロ
住所/福岡市中央区天神3-4-5
0120-377-750(ピエトロ通信販売)
※「おうちパスタ」は広島市内のゆめタウン、ゆめマート、イオン、万惣、フレスタ、マダムジョイなどのスーパーで購入できます。

★イラストPDFはこちら⇒イラストコラム・ピエトロ