CUEオンライン

グルメ、音楽、お出かけ情報など旬の広島ネタが満載

CONTACT
おでかけ

「霧のまち」三次を周遊/まちとりっぷ

CUEまちとり181012_三次3.jpg

「霧のまち」三次を周遊
眼前に広がる幻想的な光景

 三次市では秋になると「霧の海」と呼ばれる幻想的な現象が発生します。朝がぐっと冷え込むこれからの時季が、観賞のベストシーズン。温泉やご当地グルメと一緒に〝霧のまち〟を堪能しましょう。20日には花火大会も開催されます。


CUEまちとり181012_三次1.jpg


早朝に現れる「霧の海」

CUEまちとり181012_三次2.jpg 四方を山に囲まれ、3本の川が流れる三次盆地。秋から早春にかけてこの一帯では、川から立ち上った水蒸気が夜の冷え込みで霧になり、早朝に盆地を覆う「霧の海」を見ることができます。「出現率が高いのは、中国地方が高気圧で覆われた日。晴れていて早朝の気温が5度前後だと、見事な霧が現れます」と、霧の海ファンでつくる団体「霧中クラブ」の冨士原昌宏さんは話します。
 ビュースポットは、標高491㍍の高谷山(三次市粟屋町)。山頂の展望台から、三次の市街地を一望できます。太陽が昇って周囲が明るくなり始めると、はっきりと霧の海が姿を現すので、日の出時間の30分前には山頂に登っておきましょう。中国山地の山々が島のように浮かび上がる光景は、息をのむほどの美しさ。「街明かりが霧に透けて見えるのも趣があります。日によって違う光景が広がるので、何回でも楽しんでほしい」と呼び掛けます。



女性が喜ぶ温泉宿

CUEまちとり181012_三次4.jpg 霧の海観賞は朝が早いため、三次市内に宿泊するのがお勧めです。「君田温泉 森の泉」は、「道の駅ふぉレスト君田」内にある温泉宿。泉質は、中四国地方では珍しい重曹泉(炭酸水素塩泉)で、肌がすべすべになると女性に評判です。
 また、観賞後に旬の味覚を楽しむなら「トレッタみよし」へ。地元食材をメーンに使った料理がバイキング形式で味わえるレストランは、開店前から行列ができるほどの人気です。

<問い合わせ先>高谷山霧の海展望台 0824-63-9268(三次市観光協会)/君田温泉 森の泉 0824-53-7021/トレッタみよし 0824-65-6311



秋の夜空彩る1万発

CUEまちとり181012_三次5.jpg 延期となっていた「第29回みよし市民納涼花火まつり」が名称を変えて開催。忠臣蔵に由縁のあるこの地ならではの47方向へ広がるワイド花火や、三次観光イメージキャラクター「きりこちゃん」を表現する型物花火など、多彩な花火が秋の夜空をダイナミックに彩ります。打ち上げ数は約1万発。

みよし市民復興祈念花火まつり
開催日時/10月20日(土)19:00~20:30 ※小雨決行 荒天時は21日(日)に順延 会場/巴橋下流(三次市十日市西・三次町) 問い合わせ先/実行委員会 0824-63-9268(三次市観光協会)


そのほかの霧の海スポット

登美志山

CUEまちとり181012_三次6.jpg 備後小富士ともいわれる山。頂からは比婆山連山も見渡せます。
住所/三次市吉舎町安田


岡田山

CUEまちとり181012_三次7.jpg 標高638メートルからの眺めは、まるで海に島が浮かんでいるようです。
住所/三次市上田町


CUEまちとり181012_三次8.jpg



<企画・制作/中国新聞社 地域ビジネス局>