CUEオンライン

グルメ、音楽、お出かけ情報など旬の広島ネタが満載

CONTACT
おでかけ

本川町周辺で焼き鳥食べ比べ/ぷちとりっぷ

広島市中区本川町周辺で食べ比べ
焼き鳥 多彩な味と食感
 8月10日は「焼き鳥の日」です。ささ身や軟骨、レバーなど部位ごとに異なる味や食感を楽しめるのが焼き鳥の醍醐味。今回は定番から希少部位まで多彩な串を楽しめる、広島市中区本川町周辺の焼き鳥店を紹介します。

01.jpg左の皿が「白肝」、右皿の串は手前から「霧里ポークバラ」「鶏トロ」「かしわ」、奥は「あみやきホルモン」

クリーミーで濃厚な白肝
 住宅街に店を構える「西乃屋」は、立ち飲みスタイルの焼き鳥店です。串打ちされたゴロッと大ぶりの鶏肉は、産地や品種を特定せず部位ごとに厳選して仕入れています。ぜひ注文したいのが「白肝」(320円)。濃厚でクリーミーな味わいが魅力です。店主の田中省二さんが「焼き鳥好きが最後にたどり着く味」と話すのが「かしわ」(同)。身が締まった親鳥のもも肉で、かめばかむほど肉のうま味が口の中に広がります。肉と皮と脂のバランスが良い「鶏トロ」(同)もぜひ。
02.jpg西乃屋
広島市中区本川町2-2-21
営業時間/17:00〜23:00(LO22:30)
定休日/日曜、祝日の月曜
082-231-4080


03.jpg「おまかせ焼鳥5本」(580円、左からやげん軟骨、せせり、砂ずり、つくね、ももみ)

備長炭でつくねジューシー
 焼き鳥居酒屋「きてや 広島本川店」は、朝びきの新鮮な鶏肉が自慢。備長炭の強い火力を微妙に調整しながら焼くことで肉汁を閉じ込め、外はパリッと中はジューシーに焼き上げています。「つくね」(150円)は、鶏のむね肉、もも肉、やげん軟骨の各ひき肉とタマネギやごまなど12種類の食材を手ごねした名物串。自家製だれが肉のうま味をぐっと引き立てます。
04.jpgきてや 広島本川店
広島市中区本川町2-6-11
営業時間/17:30〜翌2:00
定休日/日曜(月曜が祝日の場合は営業し月曜が休み)
082-295-0918


05.jpg左2本が「白肝」(1本216円)、右2本は「ねぎま」(同)

ソリレス 独特の歯応え

 広島電鉄の土橋電停近くにある「炭火焼き 一風(ひとがぜ)」では、安芸高田市産の高宮鶏を使った焼き鳥を提供しています。約15種類ある中で店主の表田剛さんが「ぜひ食べてほしい」とお薦めするのが「ソリレス」(270円)。鶏1羽から2切れしか取れない希少部位で、コリコリとした独特の歯応えと肉のうま味がしっかり感じられます。
06.jpg炭火焼き 一風
広島市中区土橋町3-12
営業時間/17:00〜24:00
定休日/火曜
082-231-6797



07.jpg

CUEオンライントップに戻る