CUEオンライン

グルメ、音楽、お出かけ情報など旬の広島ネタが満載

CONTACT
おでかけ

和牛でパワーをチャージ/ぷちとりっぷ(広島市中心部)

 もうすぐ今年も終わりますね。来年のえと丑(うし)にちなんで、おいしさがぎゅっと詰まった和牛を味わってみませんか。ステーキやハンバーガーなど、上質なお肉に元気をもらいましょう。

【ステーキ青ひげ】
ランプ 程良いかみ応えに驚き

 ビル2階の店に入ると、継ぎ目のないL字形の鉄板が現れます。広島牛と瀬戸内の魚介をそろえた鉄板焼き店。卸売業者から直接仕入れるステーキ肉は、赤身が多く脂のしつこくないA4ランクを選んでいます。
01.jpg赤だし、ご飯などが付くランプステーキのランチセット(2千円)

 ステーキ肉はサーロイン、ヒレ、ランプの3種が並びます。肉と脂のバランスがよく、リーズナブルなのはランプです。塩こしょうを軽めに振って焼き、熱々のまま提供します。肉汁あふれる焼きたては、程良いかみ応えと脂のジューシーさに驚かされます。添える薬味も呉市蒲刈町の「海人の藻塩」、安芸高田市の川根ユズを使ったポン酢、廿日市市吉和のワサビなど地元の味ばかりです。
02.jpg「初めてのお客さまにはミディアムレアの焼き加減をお薦めします」と話す谷さん

 店名は色白でひげの濃さを自覚するオーナー谷太輔さんが命名。そりたての青いひげに象徴される清潔な身だしなみ、店の掃除、あいさつなど基本を欠かさない心意気を表しています。
03.jpg広島牛から魚介類、野菜まで広島の食材が並ぶ


ステーキ青ひげ
広島市中区大手町1―7―23―2階
営業時間/午前11時~午後3時、午後5~11時(ラストオーダーはそれぞれ1時間前)
定休日/水曜(31日~1月3日は要予約)
082(244)6611



【炙り焼きダイニング Cent(セント)】
A5ランク「3種盛り」人気

 広島県府中町にある創業約40年の精肉店「銭谷商店」の直営店です。新鮮でグレードの高い広島牛がリーズナブルに味わえます。
 店長の石橋眞太さんは「小さなさしが入ったこく深い広島牛を20種類以上のメニューで楽しめます」と話します。お薦めは、A5ランクの上質肉を堪能できる「溶岩石炙(あぶ)り焼き」です。遠赤外線効果でふっくらと焼き上がるのが特長です。初めて来店する人には「おまかせ3種盛り」(2530円)が人気。軟らかくきめ細かなさしが入ったモモ肉のヒウチや、ジューシーでコラーゲンたっぷりのコウネなどが味わえます。
04.jpgおまかせ3種盛りの例。肉の部位は、左から赤身のカメノコ、ヒウチ、コウネ。昼は要予約

 締めには、黒毛和牛の「炙り寿司(すし)」(1貫330円)が好評です。片面だけあぶった特上カルビを口に入れると、しっとりした食感で肉のうま味が大トロのようにとろけ、幸せを運んでくれます。
05.jpg舌の上で脂身がとろける「炙り寿司」。夜のみ提供

炙り焼きダイニング Cent(セント)
広島市中区大手町2-2-12-2階
営業時間/正午~午後2時(ラストオーダー)、午後5時30分~11時(ラストオーダー)※日祝は夜のみ営業
定休日/火曜(1月4日まで休み)
082(249)2188



【チャコールグリルバーガー エッフェ】
BLTバーガー ソース決め手

 広島市中区の「和牛とワイン フォーコ」の2号店として、7月にオープンしたハンバーガー専門店です。パティ用の肉は毎朝、A5とA4ランクの黒毛和牛だけを使ってあらびきにします。オーブンで焼いた後、炭火で仕上げるので、ふっくらした食感と香ばしい風味が味わえます。「和牛のうま味をがっつり楽しんで」とオーナーの廣本貴志さん。
06.jpgシャキシャキのレタスと新鮮なトマトが肉と合う「BLTバーガー」

 7種類あるバーガーの中でも、人気が高いのは「BLTバーガー」(1265円)です。パティやベーコン、レタス、トマトを天然酵母の特製バンズで挟み、ボリューム満点。2日かけて煮込んだソースがおいしさを引き立てます。辛みの強い「チリチーズバーガー」(1210円)のほか、「ビフカツサンド」(2530円)などサンドイッチも2種類あります。テークアウトも可能です。
07.jpg炭火でパティを焼く廣本さん

チャコールグリルバーガー エッフェ

島市中区本通2-15
営業時間/午前11時30分~午後3時
定休日/月、火曜(1月5日まで休み)
082(245)0035


※広島県による新型コロナウイルスの集中対策期間延長を受け、営業日や営業時間が変わる場合があります

CUEオンライントップに戻る