CUEオンライン

グルメ、音楽、お出かけ情報など旬の広島ネタが満載

CONTACT
ライフ

投資先の特徴/お金講座

投資先の特徴を知ろう

  今回は、投資についてお話しします。資産形成のために、貯蓄だけではなく、投資を考える方もいらっしゃるでしょう。資産運用の主な投資先には、「株」「債券」「不動産」の三つがあります。まずは、ざっくりでよいのでそれぞれの概要や特徴を確認しておきましょう。


<株式投資>
 企業の業績が良ければ配当金が分配されます。景気など経済状況によって株価が大きく変動するためハイリスク・ハイリターンといえます。


<債券投資>
 発行される時に「●年後に●%の利息を出します」と約束しているので、めどが立ちやすいといえます。満期日には額面と利息が受け取れます。ただし、債券は価格が変動します。利息は発行された額面に対してなので、価格によっては利回りが低下します。


<不動産投資>

 購入した物件で家賃収入を得たり、物件の価格が上がったときに売却して差額で利益を出したりします。景気の後追いで価格が変動しやすいのが特徴です。

ネット0810広15面ライフ1.jpg

 いずれもメリットとデメリットがあります。さらに、株の人気が上がれば債券の人気が下がるといった関係性もあります。こうした理由から、組み合わせることでリスクを抑える「分散投資」で運用することが大切です。

250吉野裕一さん.jpg
教えてくれた人
吉野裕一さん
よしの・ゆういち FP事務所MoneySmith代表、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、AFP。中国新聞「マイベストプロ広島・山口」に登録。
http://moneysmith.biz