CUEオンライン

グルメ、音楽、お出かけ情報など旬の広島ネタが満載

CONTACT
ライフ

ほっこり筆ペン文字/輝くワークママ

輝くワークママ(No.9)
デザイン力を養う場を提供 スキルアップをサポートしたい
ほっこり筆ペン文字教室主宰 沙琴さん(44)広島市西区SE1_0352修正.jpgProfile
さこと/広島大で彫塑を学び、2004年にアンティークアート工房「アトリエ モン・ぺシェ・ミニヲン」を設立。06年に「沙琴のほっこり筆ペン文字教室」を開講。現在は講師の育成にも力を注いでいる。講師陣やスタッフと共に「おしゃれでかわいい筆ペン文字」の世界を追求し続けている。夫、5歳の息子と暮らす。

コンプレックスから始まった「ほっこり文字」
 筆ペンで書いた味わいのある「ほっこり文字」の書き方を学ぶ教室を広島市安芸区で主宰しています。
 自分の文字にコンプレックスがあったので「その苦手意識を克服しよう」と習字を始め、カリグラフィーなども学習。そして「見た人が笑顔になるような温かい文字」「洋風にも合う、おしゃれに見える文字」を研究。洋のテイストを持った筆ペン文字を完成しました。
 先に始めていた工房の仕事で、筆ペンで書いたメッセージカードを添えて作品を納品したところ、その筆ペン文字を教えてほしいという声をいただいたんです。そして、自分の文字に「ほっこり文字」と名前を付け、1回限りのつもりで教室を開きました。それが2006年のことで、反響が大きかったため、現在まで運営を続けています。
 コースのバリエーションも増え、遠方の人でも受講できるように、Web会議ソフトを使ったオンライン教室も実施。レッスンを動画配信して繰り返し見ることができるようにしています。私には5歳の子どもがいますし、受講生にも小さい子どもがいる人や仕事が忙しい人が多いので、教室まで足を運ばなくても講座ができるオンライン教室はお互い助かっています。
育児と家事は分担制 お互いに得意なことを担当
 夫は細かい家事が得意で、私はテンションを上げて子どもと全力で遊ぶのが得意。夫婦で得意なことを担当する分担制でうまくやりくりしています。
 さらに、私は自宅で仕事をすることが多く、息子に仕事をしている姿を見せることができるので、母親の仕事を理解してもらえているみたいでうれしいです。
作家活動中の受講生の作品 インターネットで紹介したい
 今後は、筆ペン文字(アナログ)とパソコンでのデザイン(デジタル)とをまとめる力を養えるような場を提供できたらと思っています。また、作家活動を行っている受講生たちのすてきな作品をたくさんの人に見てほしいので、インターネット上での展示会を準備中です。
 教室は12年目を迎え、受講生のスキルも上がっています。デザインが苦手だった人が社内デザインコンテストで優勝したり、公募の年賀状コンテストで入賞したりという報告を聞くと、本当にうれしくて、やりがいを感じます。これからも、受講生の皆さんがより充実し、輝く人生を送ることができるように全力でサポートしたいです。

hokkori修正.jpgほっこり文字と、指を使って描いたフィンガーペイントとを組み合わせた作品

SE1_0512修正.jpgオリジナル作品例。左下の木製メッセージボードは、クリエイティブコースで作ることができる


マイブーム
子どもが喜んで完食 素手で握るおにぎり
 素手に水と塩をつけて握ったおにぎりは、子どもがあっという間に完食してくれます。少し時間はかかるけど、喜んでくれるのでうれしいです。

電動アシスト自転車で遠乗り
 最近デビューしたのですが、羽が生えたようにぐんぐん遠くへ行ける! 息子を後ろに乗せて、「冒険みたいだね」と、いろいろな場所に行っています。


ある日のタイムテーブル
6:00 起床、仕事
7:00 朝食、身支度
8:00 子どもを保育園へ送り、アトリエへ
9:00 レッスン準備
10:00 レッスン開始
16:00 レッスン終了、片付け
18:00 保育園へ迎えに行き帰宅、夕食準備
19:00 夕食、後片付け、子どもと遊ぶ
21:30 寝かし付け
22:00 パソコン仕事
25:00 就寝

〈取材協力〉ほっこり筆ペン文字教室


CUEオンライントップ画面に戻る