CUEオンライン

グルメ、音楽、お出かけ情報など旬の広島ネタが満載

CONTACT
ライフ

離婚や再婚 子への相続の影響は/幸せ女子のお金講座

幸せ女子のお金講座

離婚や再婚 子への相続の影響は
 亡くなった方の財産を相続する場合、相続権がある法定相続人は一定の範囲に限定されています。相続人には優先順位があり、配偶者と子には優先的に相続権があります。ただし、子どもが相続できないケースもあります。今回は、子どものいる人が離婚や再婚をしている場合の注意点を紹介します。

経済.jpg
(1)元妻が自分の子どもを引き取っている場合
 たとえ一緒に暮らしていなくても、法律上の親子であることは変わりません。万一の場合には、お子さんに財産を相続する権利があります。また、再婚相手である妻(2)との間に子どもが生まれた場合は、その子と同等の相続権があります。

(2)再婚相手に連れ子がいる場合
 連れ子と長年一緒に暮らしていても、自動的に法律上の親子になるわけではありません。相続させたいと思っていても、養子縁組をしたり遺言書を残したりするなどの対策をしておかないと、その子に財産を相続させることはできません。
 何も対策をしないまま亡くなると、打つ手はなくなってしまいます。大切な家族のために、一度きちんと話し合っておくことをお勧めします。




石田さん.jpg

教えてくれた人
石田知美さん
 いしだ・ともみ (株)エフピイブレーン取締役、1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP。日本FP協会広島支部支部長。http://fp-b.com