CUEオンライン

グルメ、音楽、お出かけ情報など旬の広島ネタが満載

CONTACT
ライフ

「普通でいて」にモヤモヤ感/蝶子のおしおき部屋

CUE編集室ご意見番・蝶子
 CUE編集室のメンバー。人生の荒波をくぐり抜け過ぎて、ドSキャラに。蝶子の「おしおき部屋」では、読者のお悩みに愛のムチ(?)でお答えします。


「普通でいて」にモヤモヤ感
私は5歳の男の子を育てながら、割と熱心に国際交流のボランティア活動をしています。頻繁に外出する私を夫は気に入らないのか、「普通のお母さんしてよ」と不機嫌に当たります。モヤモヤ感が半端ないです(30代、女性)
01.jpg
 腹立たしいのを通り越して、あきれてしまうわ。あなたの夫は何さまですか! 「普通」ってナニ? 何を基準にした普通なのでしょうか。あなたの個性をどう考えているのでしょう。私が感じるのは、あなたを自分より優位な立場にしたくないクズみたいな「男のプライド」です。家の外で外国の人たちと交流して視野を広げるより、家にいて自分を立ててくれる妻がいい、という思いが夫の潜在意識にあるのではないですか。 妻を自分の一部のように感じている夫は、今の時代でも珍しくありません。けれども、そのような夫婦の在り方はもう時代遅れ。あなたは夫の所有物ではありませんから、自分のやりたい活動を堂々と続けましょう。
 世の中には、男性に認められることに価値を見いだす女性だって大勢いると思います。夫の言葉に違和感を抱くあなたは、そういう女性とは違う意識を持っているのでしょう。だから、モヤモヤするのではないですか。
 あやふやな「普通」という他人が決めた基準に自分を合わせるなんて、愚の骨頂。「私は私」と、夫とのフェアな関係を築きましょう。よろしくて!



あなたにお薦めの作品
 小説「アッコちゃんの時代」はバブル絶頂期、地上げで有名な不動産会社社長らの愛人になった女性の物語。主人公は「金と力がある男の欲望を受け止めるのが、若く美しい女の義務」と、ぜいたくな暮らしに浸ります。しかし、裏を返せば男性のモノとしての価値しかないアッコ。彼女の生き方に悲しさを感じます。
02.jpg林真理子著『アッコちゃんの時代』(新潮文庫)