CUEオンライン

グルメ、音楽、お出かけ情報など旬の広島ネタが満載

CONTACT
ライフ

私的年金で老後の備え/お金のマネジメント

家計・お金に関する質問にファイナンシャルプランナーの石田知美さんがお答えします

Q 老後の生活を考えると公的年金だけでは不安です。個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」のことを友人から聞いて気になっています。イデコについて教えてください。

私的年金で老後の備え
 老後の生活のための資金計画について不安を感じ、どのような備えがあるのかという相談が増えています。今回は、私的年金の制度「イデコ」を説明します。
 一言でいうと、老後の生活資金の積み立てになります。積み立てる掛け金を60歳まで引き出すことができないので、老後資金として確実にためることができます。
 イデコでは、自分で運用先を決めて掛け金を運用することで資産形成します。金融機関によって異なりますが、預貯金・保険・投資信託といった商品の中から、どれに何%ずつ投資するかを自分で選択し、その運用実績に応じて60歳以降に受け取る金額が決まります。
 大きなメリットとして税制優遇があります。積立期間中は掛け金が全額所得控除の対象となるため、給料などにかかる税金(所得税、住民税)の軽減効果があります。また、運用益が非課税になるのも大きな魅力です。ただし、毎年口座管理手数料がかかるので、専業主婦など収入のない方にとっては税制優遇のメリットがあまりないので気を付けてください。投資信託などで運用するため、元本割れのリスクもあります。
 金融機関によって毎年の手数料や投資信託の商品ラインアップはずいぶん異なります。始めるときにはよく確認してください。

け1.jpg



教えてくれた人
エフピイブレーン 取締役 石田知美さん
け2.jpgいしだ・ともみ 1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP。日本FP協会広島支部支部長。http://fp-b.com