CUEオンライン

グルメ、音楽、お出かけ情報など旬の広島ネタが満載

CONTACT
特集

魅せられて「大山開山1300年祭」

伯耆国(ほうきのくに)「大山(だいせん)開山1300年祭」へ

0525大山特集2面1-1.jpg

 中国地方で最高峰の大山(1729メートル)にある大山寺(鳥取県大山町)が開創されて今年で1300年。これを記念してその昔「伯耆国(ほうきのくに)」と呼ばれていた鳥取県中西部で伯耆国「大山開山1300年祭」が開かれています。期間中は50を超えるイベントを開催。大山の奥深い魅力を体感しに出掛けてみませんか。

0525大山特集2面2-2.jpg

0525大山特集2面3-3.jpg


信仰され続ける由縁
 大山の中腹に立つ大山寺は718年に金蓮上人(きんれんしょうにん)が地蔵菩薩(ぼさつ)を祭って開創しました。山そのものが神とされており、平安時代には修験道の山として100以上の寺院が並びました。また、地蔵菩薩が万物を救う仏様であることから牛馬の安全も祈願され、明治時代には日本最大の牛馬市が開かれました。一方で近代まで山岳信仰により一般の人には山腹への入山規制があったため現在もブナの原生林が広がり、豊かな水や食材などの恵みをもたらしています。

0525大山特集2面4-4.jpg


大山の魅力に触れよう
 大山中腹に広がるブナの原生林は、西日本最大級の広大な面積を誇り、大山に浸透した雨水はミネラル豊富な水を産出しています。
 昼間は美しい森や林を眺めながら登山やサイクリングなどさまざまなアクティビティーを体験でき、夜は澄み切った空の下、星の観察や夜景を楽しめます。

0525大山特集2面5-5.jpg


0525大山特集2面6-6.jpg


CUE編集室推薦!
1300年祭を楽しむ1泊2日モデルコース

開山1300年祭が開かれている大山エリアに1泊2日のドライブ旅。大自然のエネルギーを受け、地元グルメを堪能、温泉で心と体を癒やすなど、間違いなしのコースです!

0525大山特集3面-11.jpg

0525大山特集3面-22.jpg

0525大山特集4面-1.jpg

0525大山特集4面-2.jpg



0525大山特集4面-3-4.jpg

0525大山特集4面-4.jpg

0525大山特集4面-5.jpg

0525大山特集4面-6.jpg


※営業日や時間などについては各スポットに問い合わせてください
企画・制作/中国新聞社 地域ビジネス局


人気スポットをチェック

水木しげるロード
 妖怪ブロンズ像が177体に増え(6月から)、7月14日にはリニューアルオープニングイベントを開催し、夜間ライトアップもスタート。
【場所】水木しげるロード周辺(境港市)


金持テラスひの
 金持神社の近くに昨年12月にオープン。エゴマ油やみそ、海藻を使った肥料で育てた「海藻米」など地元特産品のほか、宝くじも販売。
【場所】日野町根雨170-1


大山参道市場
 大山寺参道沿いに5月18日にオープン。大山一円の特産品を取りそろえているほか、焼きたてパンやコーヒーが楽しめるカフェも併設。
【場所】大山町大山23-1


イベントについては伯耆国「大山開山1300年祭」のホームページを参照してください 

http://www.daisen1300.org/