CUEオンライン

グルメ、音楽、お出かけ情報など旬の広島ネタが満載

CONTACT
特集

祝カープ3連覇プレゼント 今年こそ日本一 (1/3)受付終了

カープ3連覇 今年こそ日本一

SP_750×500_1012.jpg

 34年ぶりの日本一を目指す、広島東洋カープを応援する特別企画をお届けします。緒方孝市監督の妻・かな子さんや著名人のメッセージを紹介するほか、カープグッズと著名人のサイン色紙をプレゼント。また、9月に募集した「日本シリーズ中の新聞見出し予想」を掲載します。CUEオンラインだけの広島テレビ女性アナウンサーの特別インタビューもあります。


Special01
緒方かな子さんに特別インタビュー!

緒方かな子.jpg

ファンあってこそのカープ
目の前の胴上げで実感

―球団史上初のセ・リーグ3連覇を果たしました。緒方監督を支える妻としての思いを聞かせてください。
 ひと言でまとめるのは難しいですけど、ご苦労さまでした。周りからは、今年も絶対優勝できると思われる中で、プレッシャーを感じて大変だったと思います。
 優勝が決まった時の監督インタビューで、「長いシーズンだった」とコメントしていたのを聞いて、家族みんなが「すごく分かる」と言っていました(笑)。それぐらい、今年は私もそばで見ていて長く感じました。他のチームが、打倒カープで向かってくる中で、選手をはじめ周りの方も大変だろうなと感じながら応援していました。

―どんな気持ちで応援していましたか。
 今年、カープの選手を描いた絵本を手掛けました。選手の見方は変わりませんが、絵を描くに当たって、打者が打った後や、投手が投げた後のポーズなどを、写真や映像で何度も何度も繰り返し見ていました。なので今シーズン、その選手を見た時は、作品を描いていた時のことを思い出しました。また作品に描き切れなかった選手の活躍を見ると、この選手も描きたかったなと思うことも。
 一番印象に残ったのは、ファンの人たちがいるからこそのカープ、という作品に込めた思いが間違っていなかったことです。それを、今年マツダスタジアムで胴上げが行われた時にファンが喜ぶ姿を見て実感しました。そして、喜ぶ監督や選手の姿を見て、私もうれしくなりました。

―最後に緒方監督に向けてメッセージをお願いします。
 自分自身と選手を信じて、34年ぶりの日本一に向けて突き進んでください。


【PROFILE】
緒方 かな子
広島県出身。1991年に中條かな子として芸能界デビュー。夫は広島東洋カープ監督の緒方孝市。趣味の油絵は、2017年3月の第93回白日会展特別賞を受賞するほどの腕前。今年、広島東洋カープを応援している、愛している全ての人に贈る絵本「ぼくのヒーロー」(発売:ザメディアジョン)で挿絵を手掛ける


ぼくのヒーロー
A.jpg

 この絵本は、広島東洋カープを応援し、愛している全ての人に贈る一冊です。今年も激闘を見せてくれたカープ。主人公「ぼく」の視点から見た、格好いいカープ、憧れのカープを緒方かな子さん描き下ろしの挿絵と共につづりました。文は、長女の佑奈さんが担当。小さな子どもへの読み聞かせはもちろん、大人も楽しめる内容です。
発売:ザメディアジョン
価格:1500円

(特集2/3)はこちら

プレゼント一覧と応募要項は(特集3/3)

CUEオンライントップ画面に戻る

#カープ #広島東洋カープ #緒方かな子 #緒方孝市