CUEオンライン

グルメ、音楽、お出かけ情報など旬の広島ネタが満載

CONTACT
特集

印象アップ! プロフィル写真(1/3)

魅力を伝えるワンショット
 会員制交流サイト(SNS)が普及し、多くの人がすてきなプロフィル写真を使うようになりました。 せっかくなら、見た人の心をつかむ、印象がアップす る一枚を。「ビジョンクリエーター」としても活躍するフォトグラファーに、プロフィル写真の役割や撮る時のポイントを聞きました。インフルエンサーの、 自撮りするときのこだわりやお薦めアプリも紹介しています。


プロに撮影してもらおう!
「なりたい自分」を写し出す
 「自分がどんなプロフィル写真を撮って発信したいのか、分からないという人がほとんどなんです」と話すのは、フォトグラファーのセラジュンコさん。そこで、事前にしっかりと打ち合わせをし、顔を見て会話することで、「本当はどうなりたいのか」を探ります。 「なりたい自分」が分かると、どんな写真を求めているのかにつながるそう。 そのため、時には心の内面まで踏み込んだ会話で本音を聞き出します。
 自己満足にすぎない写真を撮るのではなく、「どんな自分になりたいか」 を知り、なりたい自分に近づけた写真を撮ってもらいましょう。理想に近いプロフィル写真を撮ってもらうことで、「もっとできそう!」と、未来に前向きになる女性がたくさんいるそうです。 人の外面だけでなく内面も写し出し、 現在と未来、理想、全てを表す一枚。これが、ビジョンを形にするセラさんの撮るプロフィル写真です。

tokusyu_1.jpg女性は誰しも、きれいで美しい自分が好き。好きな自分を撮ってあげたい

tokusyu_3.jpg
tokusyu_2.jpg


プロフィル撮影のポイント

Point 01
 プロフィル写真を撮るには、準備8割、撮影1割、編集1割。準備段階がとても大切です。実際会ったときに、違和感を持たれない写真を目指しましょう。

Point 02
 メークより、肌が大切。つやのある肌、美肌を保つのに、ストレスは大敵ですよ。

Point 03
 髪形は顔の「額縁」といえるもの。顔のバランスを良くしてくれるので、ヘアスタイルも重視。イメージに沿って、時にはヘアサロンもうまく利用して。

Point 04
 顔や髪形より写真に占める面積が広いのが服装です。「なりたい自分」のイメージに合った服装で撮ってもらいましょう。


お話を聞いたのは

tokusyu_4.jpg

Photographer/セラ ジュンコさん
 広島在住のフォトグラファー、ビジョンクリエーター。スタジオ撮影やロケーション撮影のほか、ブランディング撮影を全国で行っている。
090-1357-2612
インスタグラム/unu525

(特集2/3)はこちら
CUEオンライントップに戻る